2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

基礎編③ 初心者が見落とすメンテナンス

 【25//2014】

「マシンが速くならない・・・・」

「そうだ!もっと速いモーターを買えばいいんだ!!」



奏雪「ちょっと待とうか」 モーターを変えることや新しいパーツを買う前に、ちょっと確認してみてください。
もしかしたら
今より格段に速くなるかもしれません!


その①
≪プロペラシャフトの長さをチェックしよう!≫
※MA・MSシャーシのような両軸モーター仕様のマシンには関係ありませんのでご注意を。


まずはここです。
IMG_0792_01_R.jpg
わかりますか?
スパーギア(黄色)プロペラシャフトのギア(緑色)がくっついていますね。
これだと摩擦が大きくなってしまうので
マシンは遅くなってしまいます。


次はここです。
IMG_0792_02_R.jpg
シャーシの壁とプロペラシャフトのギア(緑色)
くっついていませんか?
これだと摩擦が大きくなってしまうので
マシンは遅くなってしまいます。
写真ではくっついていませんので大丈夫です。


以上の2点をなおすためにはどうすればいいかを書きたいと思います!
簡単です。

ハンマーでシャフトを叩けばいいんです!

気を付けてほしいのは
思いっきり叩かないことです。
コツコツとやさしく叩きましょう。

01.jpg
実際に叩いてみました。
シャフトが少し頭を出しているのがわかりますね。
叩いた後はシャーシに収めてみて
前後に動かして、ほんの少し隙間があるくらいがちょうどいいです。

叩きすぎると
シャフトが曲がったり
シャーシに収まらなくなる

ことがあります。注意しましょう!




その②
≪タイヤのホイールを締め付けすぎない≫

20141025151022_IMG_0797.jpg

タイヤを取り付けるときに黄色の矢印の方向に締めすぎていませんか?
するとタイヤのホイールと軸受部分のベアリングと接触して
摩擦が大きくなってしまい、
マシンは遅くなってしまいます。

ほんのちょびっとだけ隙間(1mm未満)をつくっておき、
スムーズにタイヤが回るようにしましょう!



どうでしたか?
実際に子どものマシンを調整してあげた時に上記のことをチェックするだけで
2秒もタイムを縮められた
という経験があります。

ぜひぜひ参考にしてみてください!

次回 基礎編④は「モーターピニオンについて」です。
スポンサーサイト

Category: 基礎

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する